現役デリヘル嬢の憧れはウェディングドレス

デリヘル嬢だって将来の夢は綺麗なドレスを着たお嫁さん?って言っててもいいじゃない!素敵なドレスを集めたブログ

*

デリヘル嬢の将来の夢はとてもフェミニン!?

デリヘル嬢の将来の夢はとてもフェミニン!?デリヘルで働いている女性の年齢はかなり幅広いかと思います、まだまだ現役の大学生や専門学生、新卒の一般企業に勤めながらダブルワークとして働いている子、20代、30代の人、専業主婦として家事に専念していた人、人生を突っ走ってきてこれからは自分の生きたいように生きるぞ!という熟女の方まで本当に幅広くいると思います。

風俗で働くといっても昔と違って借金返済という様な物ではなく、デリヘルは一時的なアルバイト感覚で働く女性が多い為に、将来的な目標の為に貯金をして稼ぎたいという女の子もいます、シングルマザーなどは年齢的にも今稼いで置かないと将来的な不安を解消したいと考える女性もいれば、お小遣い稼ぎで気軽に働く女性まで本当に様々というのが現実的かもしれませんけどね。

稼げるデリヘル嬢と稼げない女性の現実

稼げるデリヘル嬢と稼げない女性の現実一般的にデリヘルで稼ぎたいと考えれば、お客様への売りの一つとして『若さ』があるため年齢的にどうしても歳を重ねれば重ねるほど不利になっていきます。

風俗を始めたスタートが人妻専門店からであれば若妻さんから熟女さんへと移ることができるかもしれませんが、どうしても稼げる金額には大きな差として響いてきてしまいます。

また、身体を張った仕事でもありますし精神的にもかなり蝕まれる部分もあるため、思っているよりも長期間働くことが困難と感じる女性もいれば、デリヘルで働き始めた環境変化や状況変化も大きく影響してくるのではないでしょうか。

一般的なアルバイトならば仕事の能力によって収益も違ってきますが、デリヘルで稼ぐとなればやはり可愛いとか美人といった様に容姿的な問題やスタイル的な差が大きく影響してくる上に、接客も丁寧というよりは、楽しい時間を過ごして貰える様に笑顔や男性が楽しめる会話と雰囲気が求められ、プレイ的にも時にはテクニックを売りにしている女性もいるのです。

素で接する女性よりも男性に好まれるキャラクター作りに徹して役者さんになりきるくらいの覚悟があれば成功して稼げるでしょうし、それが出来なければ精神的負担が大きい事からも全く稼げないとか風俗の仕事を続けられないといった現実さえもあります。

芸能人ではありませんが、やはり人気商売となるので稼げる女性と稼げない女性の差は歴然となりますし、価格設定も年齢的に若い女性は高額で待遇もよく、人妻ともなれば値段も安く時間も長くなり稼げる上限金額も自然と決まってくるので1日で稼げる上限は数倍にも違いが出てきます。

特にぽっちゃり専門店や熟女店ともなれば必然的に激安設定となりますし、SM専門店など趣旨が違ったり身体の負担が大きければ金額的にも稼げるといったお店もありますが、自分にあったお店を見つける事が待遇面や収益面でかなりの違いが出てくるのではないでしょうか。

デリヘルを卒業して一般の仕事を考える女性

デリヘルを卒業して一般の仕事を考える女性どんなに稼げる女性であっても一生若くて綺麗であり続けるのは無理なので、賢い女性ほどどこかで風俗を卒業しなければと考える時期は必ずといって良いほどくるものです。

計画性のある女性ならば、目標金額を達成して少しの預貯金を残してデリヘルを辞めるという選択肢もあるし、デリヘル嬢として時間的融通が聞く事から将来的に役立つ資格や免許を所得したりする女性も少なくありません。

また、稼げない現実を受け入れて細く長くと収益的には少なくても別の道を模索して辞めて行く女性もいるだけに、どんな女性であっても昼間の一般職を模索して探す必要性が出てきます。

男性と違って安定して一生の仕事として探すという感覚とは違い、白馬の王子様的な男性を見つけて結婚願望が強い女性もいるのですが、デリヘルで知り合ったお客様ともなれば知り合い方の問題から基本的には恋愛対象外となるだけに、風俗以外で知り合う状況が無ければ魅力的な異性を射止めるのも困難というのが現実です。

中途採用の会社などに入社するのも何かしらの経験がないと採用されるのは困難という事から、就職先にかなり悩む女性も多いです、実家に住んでいる女性ならば家賃等もないので1ヵ月に15万円程度の収益が見込めれば借金などさえなければ生計が立てられますが、デリヘル嬢には1人暮らしの女性が多い為に、昼間のアルバイトだけでは生計も困難という現実からなかなか風俗のアルバイトを辞めれないと悩む女性がほとんどではないでしょうか。

都合よく優しくて頼りがいがあり、収益的にも安定している理想の男性なんて簡単に見つけられるものではないのかもしれませんね。

風俗嬢を辞めるのに一番の問題は金銭感覚のズレ

風俗嬢を辞めるのに一番の問題は金銭感覚のズレ若くて美人で人気嬢ともなれば1ヵ月に100万円以上稼ぐのも意外と簡単ですが、人妻という年齢になれば1日3万円を稼ぐのもかなり大変となるので、人妻の人気嬢であっても1ヵ月に50万円を稼ぐというのは相当な努力をしても困難ではないでしょうか。

それでも普通にデリヘル嬢として仕事をしているならば、一般男性の月給よりも稼げるので個人差は大きいのですが金額的収益はかなり余裕のある生活が出来ます。

1人暮らしの女性ならば、家賃や光熱費など生活していく上で最低限の出費はおのずと決まってくるものですが、逆に言えばそれ以上の金額で生活の余力となっていくのです。

1ヵ月に最低出費として家賃や光熱費や雑費で10万円がでるのならば、一般的なOLさんの収益が15万円ならば、5万円が食費や衣類といったものを全て賄わなければなりませんが、デリヘル嬢が40万円稼いだとなれば、30万円の余力となるので生活レベルが大きく違ってきます。

カレーで数日過ごして少しでも食費を抑えてと考えるのが一般的な女性と言うのならば、デリヘル嬢は頻繁な外食をしても生活費として全く影響がないレベルとなるので、風俗のアルバイトを経験した女性はどうしても金額的な感覚がズレてしまうものです。

仕事帰りに駅を降りて雨が降っていれば、一般的な会社員ならば傘を差しながらバス停に長打の列で並ぶ姿がありますが、デリヘル嬢は風邪を引いて寝込むならばタクシーで帰ってしまうと判断する為に、収益的な余力がある人は自然と食べるものや行動にしても選択肢がまるで違ってくるのです。

ランチが500円で当たり前という人はそれをやりくりとして受け止めますが、金額的に余力があって気にせず好きに食べ物を選んでいた生活に慣れてしまえば、500円のランチは我慢としてしか受け入れられないのが現実で、デリヘル嬢を辞めた後に一番苦労するのが精神的な金額のズレともいえるのではないでしょうか。

その我慢に耐えられないと、またデリヘル嬢へ必要分だけでも稼ごうと復帰してしまう女性がいるのです。

目標を持つデリヘル嬢だけが成功する

目標を持つデリヘル嬢だけが成功するデリヘル嬢のアルバイトは精神的負担も大きく不安定になってしまう女性も多いですし、一度風俗嬢をすれば普通の生活に戻るのも困難となる女性もまた多いのです、そんな中で唯一しっかりとやっていくには小さな事でも構わないので何かしらの目標を立てて計画性をもっている女性だけが、何事にも成功する秘訣ではないでしょうか。

まずはデリヘルという仕事をする上で気持ちを割り切れる女性になる事です。

お金の為に仕事をしているという初歩的な状況を認識して、目標金額を設定して溜める事から始めましょう、そして大事なのは目標金額だけでなく達成するまでの期間を決める事です。

これにより1日に稼ぎたい金額が決まり、その収益を達成する為にどれだけ接客しなければならないのかというのも決まります、現状維持ではなく稼ぐ為に何が必要なのかを前向きに考えていかなければなりません。

接客を頑張るという考えは、お客様に着いたらという前提があります、待ちの姿勢ではなく攻めの姿勢が必要になってくるので、今まで以上にお客様を集めるにはどうすべきか考えれば必然的にファーストインプレッションとして、デリヘル嬢としての写真やコメントが重要だというのに気付くはずです。

デリヘル嬢として単なる撮影した写真ではなく、男性客からみて魅力的なイメージとは雰囲気やポーズといったところが重要なので、どうせモザイクをするのだから顔はどんな顔でもいいでしょうではなく、雰囲気を出すには笑顔で撮影すべきです。

男性からすれば無表情で撮影した女性より、笑顔で撮影することで大きく雰囲気が変わりますので重要なポイントとなってきます、次にポーズですがカメラマンから言われたポーズだけでなく、いろんなデリヘル嬢の写真を自分の目で確認して、気に入ったポーズを真似てみるというのも大切な事かもしれません。

デリヘルに特化した情報サイトをみて魅力的な人気嬢と言われる女性をチェックし、写真の仕上がりやコメントを見て自分のアピールポイントとして活用する事が、写真指名を増やして本指名に繋げる大事な要素という事ですね。

無理をしない範疇で男性が好むと思われる仕草や会話というのを考えて、キャラ作りに徹する事で多数のリピーターを増やす事ができます、こうした努力で今まで以上の収益を確保していくという前向きな姿勢が重要なのです。

より多くの収益が安定して入れば、どんな女性だって夢が広がります。

テレビでしか見た事ない憧れの地へ旅行するとか、欲しい物を買うというのは浪費と考えるのではなく、目標金額を越えた分で叶える自分へのご褒美という考え方があれば、楽しみも増えて辛い仕事にもやりがいに変わってくるのではないでしょうか。

好きな事だけの目標としてしまえば、全て浪費に繋がり、その場は良くてもデリヘルのアルバイトからいつまでたっても抜け出せませんが、計画的な考えさえちゃんとしていれば前向きな考え方ができるので、気持ちに余裕がでてくるものだと思います。

いつかは憧れのウェデングドレス

いつかは憧れのウェデングドレスいつまでデリヘル嬢という仕事を続けるのだろうと、先の見えない状況に人気嬢として稼いでいる女性でさえも将来的な不安は必ずあるものです、そして一番の夢はウェディングドレスという表現になりますが、幸せな結婚を望める相手に出逢う事ではないでしょうか。

もちろんウェディングドレスの横に立つ男性にはデリヘル嬢としてアルバイトしていた事は秘密として黒歴史扱いになってしまうんですけどね。

今時は結婚しない男女が増えていると言われていますが、デリヘル嬢という仕事を経験すると1人の辛さや大変さ、そして寂しさなどもあるだけに心では結婚願望が強い女性というのが多いのかもしれません。

そして驚くのはデリヘルを経験した女性は、一般女性よりも理想が低いといわれる事があるのですが、それはデリヘルを利用する男性の年齢層が高いので、父親ほど離れた年齢の男性を多く接客しているのが原因かもしれません。

そうした経験で、若い女性が同年代の男性だとデートの場所や内容は自然と想像つきますが、年配の男性であれば地方への出張経験であっても、知らない土地の未知の出来事と捉えるだけに、経験と知識、資金的な余力など、年上の男性は魅力的で頼れる存在という認識でいるからです。

外見や年齢だけで決めず、落ち着いた性格や判断力という意味でも、外見よりも中身がしっかりした男性と結ばれてウェディングドレスを着たいと願うのかもしれませんね。

公開日:
最終更新日:2017/04/15